本文へスキップ

ララベルは初心者にも優しいハンドベルレンタルと楽譜の専門店です

演奏方法topics

ハンドベルの持ち方

5本の指でしっかり握ります。親指はハンドルと平行に。
両手で演奏する場合、利き手と反対の手は握る力が弱くなりがちに。飛ばさないようにしっかり持ちましょう。

ハンドベルの鳴らし方

ハンドベルで音を出すために大きな動作は必要ありません。最も良く使う奏法が「単打音奏法」です。

かなづちで釘を打つときのように前後に手首を使い、ベルが地面に対して垂直になる位置で止めます。

もう一つ、ベルを左右に細かく振って演奏する方法が「トレモロ奏法」です。トレモロ奏法は連続的に手首を左右に振る奏法です。

楽譜に「tremolo」と書かれている場所などで使います。

音の止め方

・ハンドベルは減衰音がそれほど長くないため、自分で音を止める必要はほとんどありません。
・音を止めたい場合には、ベルの部分に親指や手を当てるなどします。
・ベルを持ち運ぶ時には、音が鳴らないようベルの部分に指を当てて歩きます。

…でも、ハンドベルの演奏で一番大切なのは、なんと言っても『チームワーク!』なのです。メンバーみんなが仲良く笑顔で演奏することが、聴く人を楽しませる最大のコツかもしれません!